ALS協会長野県支部に
      ようこそ            
 


このページは長野県内でALSと闘う患者さん・家族の横の連携を保ち、共に安心して在宅療養できる医療・福祉環境をつくるためe-MADOがお手伝いして開設したホームページです。通常の方法ではコミュニケーションが難しい患者さんとのICT(情報通信技術)の活用やホームページによる対話を行うことを目的としています。

大勢のご活用をお待ちしています。

   

            **お知らせ**


これまでe-MADOは視線追跡を使ったコミュニケーション支援システムを開発してきましたが、このたび、有り難いことですが、鹿教湯病院で使っていただいているシステムが、補助補装具(重度障がい者用意志伝達装置)としての利用が可能となりました。

e-MADOの視線コミュニケーションシステムは、他の器具と異なり、マウスなどで対話できるシステムから、視線のみのコミュニケーションまで、長期間シームレスに使っていただける特長があります。

このことから、今後、大きな負担無しに視線追跡システムをお使いいただける可能性があります。

現在複数の患者様が自治体に補助申請を行っておりますます。

(お問い合わせ e-MADO 滝沢 0263-38-7156)。  


   **ご案内**




  社団法人日本ALS協会

   

   

   

   

 

    国際ALS協会

 
 






このホームページへの

お問い合わせ

emado-hiroba@e-mado.org

滝沢へ

2017.8.9


 

  2017年 盛夏       

常念岳からの槍ヶ岳

おしゃべり

広場 

視線追跡とは